人魚の本棚

読みたい本を読みたいだけ

<< さよならドビュッシー | HOME | アイスクリン強し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
星間商事株式会社社史編纂室
評価:
三浦 しをん
筑摩書房
¥ 1,575
(2009-07-11)

するりと読めてしまった三浦しをん。
なに、この人。天才?それとも私との相性がすこぶるいいのか?
圧倒的に前者だと思うけどね!

今回はまたちょっとコアなお話だった。オタクの世界って凄いぜ・・・!
高校時代、まさしく友人が同人誌を作ってた。時々手伝いながら、この情熱はすごいなーと思ってた。絵も凄く上手い子で、地方のイベントしか出ていなかったみたいですけど、結構売れてた気ような・・・。今頃、なにしてるのかなー・・・

さて、今回のお話はオタクの話だけど、ちゃんと会社に勤めてる女の子が会社の過去に絡む悪事をあぶり出していくっていうのが本筋だった。たぶん今の社会人リアルオタクな女の子の典型のような話なんだろうな。悪事を暴くいっても穫るか穫られるかとかいう緊張感漂うものじゃなく、(そりゃオタクのどうのとかいう時点でそんな物とは無縁だと思うけど)始終ゆるーい感じのでも、真相も追求するし同人誌も作る。意外なところで同人誌と仕事との絡みがあって、ええ!?ないでしょ!って叫ぶようなこともあったけど、まぁフィクションだし。面白いからいいんじゃない?というこれまたゆるーい寛容のココロをもつ読み手も相まって楽しく読み終わった。
でもちょっと・・・底が浅かったというか、軽く読み終わってしまったのでもっと刺激を!と思わないでもなかったけど。
まぁそれも大丈夫だよ。次に控えてるのは「神去りなあなあ日常」!本屋大賞ノミネート作品!やっと図書館から届いたし。たのしみだぜ!

おいしゅうございました。
| books | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -











COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
気になる本たち
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode