人魚の本棚

読みたい本を読みたいだけ

<< よむよむ。 | HOME | すっかり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
シアター!
評価:
有川 浩
アスキー・メディアワークス
¥ 641
(2009-12-16)

有川さん久しぶり。というか、ブログ自体が久しぶり・・・。何のためのブログやら・・・(呆)自分の感想だけは内容がほとんど分からないだろうなと思ったので、あらすじを加えてみる。字数を稼ぎたいだけだったりするけどね。


小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。


タイトル通りにシアター=劇場・・・劇団の話。
劇場の裏側、劇団の裏側、メイキングの部分を中心にかかれていたけれど、予想以上にお金の話にウェイトがいってたな。演劇にかける思いとか、演じることに対しての情熱みたいなことはあんまり書いてなくて(いや、書かれてたらそれも嬉しいけど、きっと有川さんの軽いテンポはなくなって重厚で、濃密な感じになったと思う・・・・ガラスの仮面的な?それもそれで良いけどね(笑))、劇団を運営していくことのあれこれとか、舞台のスタッフの仕組みとか、そういう裏方の部分がメインで、そこにかかる経費の話とか書いてあって、知らない部分が読めたのは面白かった!
有川さんってこういう裏方の部分を面白く書く人だって思う。前に読んだ「キケン!」もそうだったし。いや、好きよそういうの。大好きですよ!

昔から舞台やミュージカル大好きな自分にとっては、こういう出来上がるまでの(観客の前で演じるまで)過程を覗けるのって嬉しいよね。
あと、マイナー劇団とか(ここで登場する「シアターフラッグ」はマイナーっていっても結構な集客力のある劇団だったけど)はなかなか採算が取りにくいらしい。好きなことをしてそれを仕事にするっていうことは難しいね。ご飯食べられなくても良いから、演劇好きだしやり続けたいって思う人ってもちろんいるんだろうけど、好きだからこそ逆に逃げられないような気がして怖くて私はできないな、と思う。そういう意味では夢中になることを仕事にできる人たちって強いなって思った。ま、こんなこと思うの私だけかも知れないけど。

熱中してるひとたちのどたばたと泣いて笑うお話。
たいへんおいしゅうございました。
| books | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -











COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://marmeid.jugem.jp/trackback/80
TRACKBACK



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
気になる本たち
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode